行政書士試験の勉強を継続させるコツ

行政書士試験の勉強を継続させるコツ

2017-11-29

平成30年度の行政書士試験を受験する人は、これから1年間勉強を続けていかなければなりません。

気合を入れれば入れる人ほど、毎日、寝る間を惜しんで膨大な時間を勉強したり、休日も丸一日、勉強漬けの日々を送ったりしがちですが、それでは1年間続けることは困難でしょう。

行政書士試験を続けていくのに重要なことは、「ゆとり」をきちんと入れることです。

毎日の勉強予定もぎっしりにするのではなく、「ちょっとこれじゃ少ないかなぁ」と思うくらいでちょうど良いでしょう。

睡眠を削るなんて言語道断です。

土日休みであれば、そのうちの1日は勉強、そして残りの1日はリフレッシュに充てましょう。

友達と会うもよし、買い物に行くもよし、家でごろごろ過ごすもよし、とにかく、あなたがリフレッシュできるような過ごし方を送るようにしてください。

試験2~3ヶ月前になると、どうしても勉強中心の生活になってしまいます。

休日は模擬試験や勉強の復習などに充てられますので、映画を見に行く時間もなかなか取れないでしょう。

行政書士試験の勉強は、直前期になればなるほどやることが増えていきますが、その時期に最大限のパフォーマンスを上げるためにも、今のうちにやりたいことはやっておくようにしましょう。


PAGE TOP

カウントダウンタイマー




MENU
HOME